ロータスクリニックからのお知らせ

【新型肺炎】 ベトナム在留邦人に関わる最新情報 2020.02.17 日本人学校 休校延長

【新型肺炎】 ベトナム在留邦人に関わる最新情報 2020.02.17

 

中国とベトナム国内および在留邦人に関連する現時点での最新情報のまとめです。

 

中国での感染状況

★2020年2月17日時点で、中国での新型コロナウイルスによる肺炎の死者が1770人、感染者が7万548人に達しました。

 

ベトナム国内の状況

★ベトナムでの新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数は、2020年2月9日午後4時点で16人となっております。

感染者のうち7人は完治しています。

★13日、ビンフック省は、感染者が確認されたビンスエン区ソンロイ村を封鎖しました。村には1万人を超える人が生活していますが、13日から20日間外部との出入 りが禁止されています。 ベトナムで確認された感染者のうちビンフ ック省ではソンロイ村を中心に11人の感染が判明しています。

★63省・市当局はすべて、17日などに予定した学校の再開を延期することを決めました。大半の省・ 市は、2月いっぱい休校にするとしています。

★ベトナム外務省は、過去14日以内に中国への渡航・滞在歴がある旅客に対する一時的な入国拒否を発表しています。国内の空港では13日までに297人の入国を拒否し、また新型コロナウイルス感染疑いで127人を隔離しています。

 

在留邦人に関わる活動の状況

<ハノイ>

★ハノイ日本人学校は、休校を1週間延長し、2月23日(日)まで臨時休校となりました。

また、2月26日に予定されていた、保護者会、学校公開は中止になりました。

 

<ホーチミン>

★ホーチミン日本人学校は、3月1日(日)まで休校となりました。

★2月22日(土)ホーチミンで開催を予定していた「第4回日越交流ぼんおどり大会」(JCCH、ジャパンベトナムフェスティバル実行委員会共催)は、延期となりました。

 

以前のコラムでもお伝えしましたが、私たちが出来ることで大切なことは以下のことかと思います。

  ① むやみに不安がらずに、なるべく正確な情報を集める

  ② 自分たちで出来る予防対策を行う

 

① むやみに不安がらずに、なるべく正確な情報を集める

まずは、新型コロナウイルスによる肺炎についてできるだけ新しくて、正確な情報を収集して下さい。

インターネット上には出所の不確かな情報も氾濫していますので、慌てず冷静に判断しましょう。

情報は可能な限り出所の明らかなところから収集して下さい。

② 自分たちで出来る予防対策を行う

一番身近な対策は、うがいや手洗いをしっかりする、マスクを着用するといった一般の感染症対策と変わりません。基本的なことをきちんと行うことが大切です。

バランスの取れた食事や十分な睡眠で体力を保つようにして下さい。体力・免疫力が維持されていれば、たとえウイルスが体内に入ってきても免疫力で排除されれば、感染としては成立せず発症を抑えることができます。

また、不要不急の場合以外は人が多く集まる場所に行くことは避けましょう。特に空港などは気を付けて下さい。

<医療コラム> 風邪の予防にうがい・手洗い

 

ベトナム国内の状況やベトナム保健省からの発表についての日本語の情報は、在ベトナム日本国大使館および在ホーチミン日本国領事館のホームページで確認できます。

在ベトナム日本国大使館

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在ホーチミン日本国領事館

https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

ベトナム保健省は、新型コロナウイルスに関する情報を提供するウェブサイトを開設しています。ベトナム語のサイトになりますが、最新の患者数などの情報を見ることができます。

https://ncov.moh.gov.vn

 

【新型肺炎】 中国、ベトナムの最新情報 2020.02.13 ホーチミンの感染疑い例はゼロに

【新型肺炎】 中国、ベトナムの最新情報 2020.02.10 ベトナム国内感染者14人 

【新型肺炎】 ベトナム在留邦人に関わる最新情報 2020.02.07 日本人学校 休校延長

【新型肺炎】 ベトナム在留邦人に関わる最新情報 2020.02.06 中国、ベトナム国内状況

 

【注意喚起】 新型肺炎(新型コロナウイルス)について

【新型肺炎】 中国、ベトナムの最新情報 2020.02.13 ホーチミンの感染疑い例はゼロに

【新型肺炎】 中国、ベトナム国内および周辺国の最新情報 2020.02.13

 

中国、ベトナム国内および周辺国の最新情報まとめです。

 

WHO(世界保健機関)は、新型コロナウイルスが引き起こす肺炎の正式名称を「COVID-19」に決定しました。

「COVID-19」は、Coronavirus Disease 2019 略です。「2019年に確認されたコロナウィルスによる病気」ということになります。

 

ベトナム周辺国の感染状況

シンガポール:50人

香港:50人(うち1人死亡)

タイ:33

韓国:27

台湾:18

マレーシア:18

オーストラリア:15

マカオ:10

インド:3

フィリピン:3人(うち1人死亡)

ネパール:1

スリランカ:1

カンボジア:1

 

中国での感染状況

★2020年2月14日時点で、中国での新型コロナウイルスによる肺炎の死者は1483人、感染者が6万4627人に達しました。

 

ベトナム国内の状況

★ベトナムでの新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数は、2020年2月12日時点で15人となっております。

ベトナム保健省は、ビンフック省の生後3カ月の乳児が新型コロナウイルスによる肺炎に感染したことを確認しました。この乳児はテト休暇中の1月28日から、母親に連れられ祖母の家に滞在。祖母はその後、新型肺炎への感染が確認されました。乳児は現在、母親とともにビンフック省の病院で隔離され治療を受けており、症状は安定しているとのことです。

ベトナムでの感染確認者15人のうち6人は症状が回復し、退院しています。

★ホーチミンでは、新型コロナウイルス感染の疑いにより29人が病院に隔離されていましたが、11日までに全員が検査で陰性と判明し、ホーチミンの感染疑い例はゼロとなりました。

★中国・武漢に滞在していたベトナム人30人を乗せた旅客機が10日、北部クア ンニン省のバンドン国際空港に到着しました。入国手続きなどを済ませた後、乗客らはハノイの病院に移送されて14日間経過観察のために隔離されています。

★10日、ビンフック省 は、新型肺炎患者を収容して治療する300床規模の仮設病院を建設すると発表しました。ビンフック省は、ベトナムで最も多くの新型コロナウイルスによる肺炎患者が報告されています。

★ベトナム国内で使用済みの使い捨てマスクを回収して手洗いし、再販売する「リサイクル」が増えているそうです。手指用の消毒剤も偽物 が出回っているとのことなので、注意が必要です。ロータスクリニックでは、スタッフにマスクを破棄する際には、破ったりして再生出来ない状態にして捨てるように指導しています。みなさんもマスクを捨てる際には、リサイクル出来ないような状態で破棄されるようにして下さい。

 

在留邦人に関係する活動の状況

<ハノイ>

★ハノイ日本人学校は、2月14日(金)まで臨時休校となっています。

また、2月26日に予定されていた、保護者会、学校公開は中止になりました。

★2月16日(日)に開催予定でした2019年度「日IN越文化祭」(JCCIスポーツ文化委員会主催)は、中止となりました。

<ホーチミン>

★ホーチミン日本人学校は、2月16日(日)まで休校となっています。

★2月22日(土)ホーチミンで開催を予定していた「第4回日越交流ぼんおどり大会」(JCCH、ジャパンベトナムフェスティバル実行委員会共催)は、延期となりました。

★ホーチミン日本人補習校は、2月15日(土)を再度休校としています。また、入学説明会・体験入学も2月22日(土)に再延期とするともに、書類の受付も同日まで延長しています。

 

 

ベトナム国内の状況やベトナム保健省からの発表についての日本語の情報は、在ベトナム日本国大使館および在ホーチミン日本国領事館のホームページで確認できます。

在ベトナム日本国大使館

https://www.vn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在ホーチミン日本国領事館

https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

ベトナム保健省は、新型コロナウイルスに関する情報を提供するウェブサイトを開設しています。ベトナム語のサイトになりますが、最新の患者数などの情報を見ることができます。

https://ncov.moh.gov.vn

 

【新型肺炎】 自宅での隔離に関するガイドライン(ベトナム保健省)

【新型肺炎】 ベトナム保健省 新型コロナウイルス情報サイト開設

【新型肺炎】 中国、ベトナムの最新情報 2020.02.10 ベトナム国内感染者14人 

【注意喚起】 新型肺炎(新型コロナウイルス)について