ロータスクリニックからのお知らせ

<医療コラム> 帯状疱疹ワクチン

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 帯状疱疹ワクチン *****

飯 塚 麻 美 看護師

 

こんにちは。

日頃、帯状疱疹のワクチンに対してのお問い合わせをよく頂きますので、ここで少しだけお話しさせて頂きます。

 

帯状疱疹とは水痘帯状疱疹ウイルスの感染によって起こります。

最初の感染で水ぼうそうが起こり、それが治った後も水痘帯状疱疹ウイルスは神経に潜んでいます。

しばらくしてから潜んでいたウイルスが再活性化することで帯状疱疹が起こります。

帯状疱疹の症状は、皮膚の痛み・かゆみ・違和感と水疱が主です。

皮膚の症状が神経に沿って帯状に起こるため帯状疱疹というそうです。

現在日本で使用されている帯状疱疹に対するワクチンは、

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)と弱毒水痘生ワクチンの2種類があります。

不活化ワクチンと、弱毒生ワクチンではつくりが異なりますので、接種回数が異なります。

 

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)は不活化ワクチンであり、2回の接種が必要です。

全部で5万円ほどの費用がかかりますが、発予防効果は96.6%と高いです。

まだベトナムでは認可されていませんので、現在は日本で打つしかありません。

 

一方、弱毒水痘生ワクチンは1回の接種で、1万円ほどの費用で受けられます。

予防発症効果は69.8%と、シングリックスには劣りますが、効果はあることと思います。こちらはベトナムで打つことができます。

 

どちらを打てばよいのかわからない、副反応はどうなんだろう?

実際ワクチンを打った方がいいの?

などなど、気になることがございましたらいつでもご相談してくださいね。

<医療コラム> ベトナムのハーブ

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** ベトナムのハーブ *****

長 末 典 子 マネージャー

 

べトナムの日常では食事やマッサージでハーブがよく使われていますね。

今回は地元のベトナム人たちが日常に使っているハーブについて書いてみようと思います。

 

十何年前にベトナムで出産した後、ベトナム家族がベトナムのハーブでスチームサウナの様なものをしてくれました。

後々家族に聞いてみたところ、ローカル市場では“La Xong”と言うハーブセットが売られているそうです。

それをたっぷりのお湯で湯がいて、その上に布(布団)と一緒に覆いかぶさり、5~10分湯気を浴びます。とても暑いですが、10分後には頭がすっきりしました。

それを1週間ほど続け、産後の体の疲れがとれました。ベトナムでは昔からその様な習慣がある様です。

又、出産後の女性が子宮痛を予防し、授乳のための乳汁分泌を促進するためにポリシアス フルティコサの根を粉砕して煎じたものを飲んだりもします。

 

上記のみならず、食事でも山盛りのハーブが出てきて、地元の人はレモングラス、バジル、スペアミント、リモノフィラなどのハーブを欠かさず食べていますね。こんなに沢山のハーブをに食べれるなんて贅沢ですね。

ミントを食べていると、蚊に刺されにくいともいわれています。

ベトナムにいる間に是非、いろいろなハーブを試してみてください。

Different fresh herbs on wooden background

在ホーチミン日本国総領事館 海外安全情報

在ホーチミン日本国総領事館より海外安全対策情報が出ております。

毎月、邦人の被害が出ていますので、ご注意下さい。

海外安全対策情報(ベトナム南部)

詳しくは、在ホーチミン日本国総領事館ホームページをご覧下さい。

海外安全対策情報(令和5年度第3四半期) | 在ホーチミン日本国総領事館 (emb-japan.go.jp)

***********************************************************************************************

日本人の被害(当館に報告があり認知したもの)
今期当館が認知した件数は20件であった。
主な被害内容は、邦人観光客のタクシー乗車に絡む被害が急増し、現金等を窃取される被害が目立った。
 〈具体的な事例〉

  • タンソンニャット国際空港から市内行きのタクシーに乗車し、精算のために財布を取り出したところ、運転手から紙幣を数えてあげる若しくは、高額紙幣を両替してあげると言われ、精算金額以上の現金をスリ盗られた。
   当地タンソンニャット国際空港へ到着後は、「空港ターミナルを出て左前方約50メートルに位置するタクシースタンド」の利用を推奨する。
 具体的な犯罪の手口と防犯のための注意事項については、当館ホームページに掲載されている「安全の手引き」や「注意喚起」等も参考にされたい。
https://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00219.html