ロータスクリニックからのお知らせ

七夕とそうめん

7月7日は七夕(たなばた)ですね。

 

七夕の行事食は「そうめん」です。

そうめんは夏場にぴったりの食べ物ですが、七夕の行事食となったのには諸説あります。

 

そうめんを織姫が使う糸に見立てたという説や七夕の天の川をそうめんに見立てたという説もあります。

また、古代中国で皇帝の子どもが7月7日に熱病で亡くなったのですが、その子どもの好物だった「索餅(さくべい)」という小麦粉のお菓子のようなものがそうめんを食べる由来となり、そうめんを食べることで1年間無病息災で過ごせるという言い伝えになったという説もあります。

暑くて夏バテ気味の時には、のどごしの良いそうめんを食べたくなりますね。

 

ロータスクリニックでは、今年も七夕の飾り付けをしました!

願いごとを書くための短冊もご用意しておりますので、ぜひ願い事を書いて下さいね。

 

<医療コラム> おねしょのお話

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** おねしょのお話 *****

白井 拓史  医師

 

みなさんも子どもの頃におねしょの経験がありますよね!? もちろん、私もあります。

おねしょは、子どもなら誰もが通る道です。しかし、あまりにも頻繁だったり、周りの子どもたちよりもおねしょから卒業が遅れていると心配になってしまうこともあると思います。

なぜ、子どもはおねしょをしてしまうのでしょうか?

 

おねしょの原因は、主に2つあります。

1つめは、夜のおしっこの量が多い(減らない)ため

2つめは、膀胱がまだ小さく、おしっこを十分貯められないため

夜になるとおしっこの量を減らそうとする「抗利尿ホルモン」というホルモンが脳から分泌されるのですが、25歳頃まではまだこの抗利尿ホルモンの分泌リズムがちゃんと整っていません。そのため、夜のおしっこの量が少なくならず、おねしょをしてしまうのです。

また、膀胱は23歳ごろから大きくなり始め、だんだんと夜のおしっこを貯めることができるぐらいの大きさに成長していきます。膀胱がおしっこを貯められる量が少ないうちは、夜間に作られるおしっこの量が少なくてもおねしょをしてしまうのです。

ですから、おねしょは通常、成長とともに自然にしなくなるもので、怒っても治ることはありません。

 

 

おねしょを治すための工夫

○ 夕方から寝るまでは、接種する水分量を少なめにしましょう。しかし、一日を通して少なくする必要はありません。

○ 生活習慣を整えて、睡眠時間をしっかり確保しましょう。寝不足や浅い眠りは、おねしょを悪化させる原因にもなり得ます。

○ おねしょは体の機能の問題ですから、おねしょをしても怒ってはいけません。おねしょのことは、本人が一番気にしています。

○ 夜中、おしっこをさせるために子どもを起こさないようにしましょう。抗利尿ホルモンは、眠っている間に脳から分泌されますので、ホルモンをちゃんと分泌させるために、深い眠りが必要なのです。

 

私は日本の小児科クリニックで研修をしましたが、その小児科クリニックにも、親御さんからおねしょの相談がたくさん来ていました。

おねしょはいつか終わるものです。家庭でできる工夫をして、穏やかな気持ちで付き合っていきましょう。

 

 

 

 

乳幼児検診されていますか?

お子さんの乳幼児検診されていますか?

 

日本では定期的に行っていた乳幼児検診、ベトナムに来てからされていますか?また、日本に戻ったらかかりつけのクリニックでやるつもりだったけど、戻れないため忘れていたなんてことはないですか?

お子さんの1年の成長は、めまぐるしく発達し、たくさんの機能が成長していく時期でもあります。もちろん、個人で発達の状態は異なりますが、日本の基準に合わせてチェックしてみませんか。

ロータスクリニックでは、乳幼児検診にも対応しています。

日本人看護師が母子手帳の確認をしまして、日本人医師が診察をします。

また、母子手帳には日本人医師が計測結果や診察所見の記載を行います。

発育のことや日常生活で気になることがありましたら、日本人医師にお気軽にご相談下さい。

ロータスクリニックの医師は、子育て経験がありますので、なんでもご相談下さい。自身の体験も踏まえてお答えします!

 

 

日本での検診月齢

1ヶ月、3~4ヶ月、6~7ヶ月、9~10ヶ月、1才、2才:任意

1才半、3才:規定

 

お支払いについて

通常、乳幼児検診は、海外旅行保険の対象外です。お支払いが必要になります。

保険の種類によっては、カバーされるものもございますので、事前にご自身で保険会社にご確認下さい。

乳幼児検診の費用は、800,000VNDとなっております(どの月齢でも同じ料金です)。

 

乳幼児検診にいらっしゃるときには、パスポートや母子手帳をお忘れなく。

※ 乳幼児検診は、できるだけ風邪などの病気の受診者の少ない夕方のお時間をお勧めしています。

乳幼児検診についてのご相談は、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。日本人看護師よりお返事差し上げます。

ハノイクリニック    📧 h-info@lotus-clinic.com

ホーチミンクリニック  📧 info@lotus-clinic.com

 

下記、お問い合わせフォームからもご連絡が可能です。

お問い合わせ