ロータスクリニックからのお知らせ

<医療コラム> テレワークや隔離期間のストレス解消法

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** テレワークや隔離期間のストレス解消法 *****

杉 原 康 朗 医師

 

こんにちは、ホーチミンは雨季真っ只中ですが、雨が降ったあとは気持ちの良い日もありますね。

さて、昨今のコロナ禍で、感染対策のためにテレワークあるいはリモートワークを実施する職場も増え、隔離期間の時間を取らなければならない場合もあります。

感染対策のため避けられないことですが、ストレスを抱える人も多くいらっしゃると思われます。日本のニュースでも「テレワーク疲れ」「自粛疲れ」なんて言葉も聞かれます。

在宅やホテル内で過ごすことにより、①運動不足、②気分転換できない、③孤独感や疎外感はストレスの原因になります。今回は、これらのストレスを解消する、自身でできる対策をお話します。

 

1,運動不足
外出の機会が減ることで、どうしても運動不足になりがちです。室内でできることは限られますが、筋肉トレーニング、ヨガ、ストレッチまたは体操をためしてみましょう。運動により脳から放出されるセロトニンやドーパミンは幸福感を高め、自律神経を整えます。やり方や強度は人それぞれですが、幸いにも、動画サイトやSNSでも数多く紹介されており、自分にあったものもあるはずです。

2,気分転換
以前は場所や場面を切り替え、気分転換をしている人が多かったと思います。人の集中力は45分から長くて90分ほどです。仕事や勉強や作業にも休憩をとりましょう。音楽を聞く、読書や漫画、ゲームをする、室内運動をする、おやつや飲み物を楽しむ。できるだけ好きなことで、行為による気分転換をしてみてはどうでしょうか。

3,孤独感や疎外感
人間関係の変化は、大きなストレスの原因になることがあります。コロナ禍孤独感や疎外感を感じるのは自分だけではないので、心配しないでください。ICTの発達により、オンラインでの交流は簡単になっています。それらを上手に使い家族や友人や仕事仲間とも連絡を取りましょう。たまにはオンライン飲み会やオンラインお茶会なども試してみてください。

当院から処方されているお薬がなくなってしまう方へ

当院から処方されているお薬がなくなってしまう方へ

 

当院に通院中の方で、処方されているお薬がなくなってしまうが、お住まいの地域や移動手段の関係で再診が難しい状況の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

特に高血圧や糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病の方は、お薬が途切れてしまって治療が中断してしまわないように注意が必要です。

当院から処方されているお薬が少なくなってきた方は、ご連絡下さい。

状況をご相談の上、お電話やLINEで対応してお薬をデリバリーすることも可能です(状況によっては対応が難しいケースもございます)。

 

まずは、お電話かメールにてご相談下さい。

ハノイ・クリニック

電話番号:024 3817 0000

メールアドレス:h-info@lotus-clinic.com

ホーチミン・クリニック

電話番号:028 3827 0000

メールアドレス:info@lotus-clinic.com

ハノイとホーチミンのお電話やメールアドレスのお間違いが大変多くなっております。市外局番など良くお確かめの上、ご連絡をお願いします。

 

<医療コラム> 酒豪と下戸のお話 お酒の強い人、弱い人 

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 酒豪と下戸のお話 お酒の強い人、弱い人 *****

白 井 拓 史 医師

 

いくら飲んでも顔色ひとつ変わらない“酒豪”から、全く飲めない“下戸”の方までお酒の強さは人さまざま。でも、お酒の強い人と弱い人では何が違うのでしょうか?

飲んだアルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドに変わります。

このアセトアルデヒドが酔いの原因になるのです。

 

アセトアルデヒドは、更に酵素の働きで無害な酢酸に変わるのですが、この酵素の働きによってお酒の強い弱いが決まります。この酵素の活性の強い人、弱い人、そして活性が全くない人がいるのです。

お酒に強い人は活性型の酵素を持ち、弱い人は低活性型、下戸の方は活性が全くない非活性型を持っています。

この酵素は親から遺伝していますので、後から活性が変わることはありません。お酒の強さは生まれつき決まっているのです。日本人の37~38%は低活性型、6~7%は非活性型といわれています。非活性型は日本人を含むモンゴロイドにのみみられ、白人や黒人にはいません。なので、日本人は欧米人に比べるとお酒が弱いといわれているのです。

お酒が飲めるタイプの人は酒量が増えがちで、アルコール性肝障害を起こしやすくなるので注意が必要です。

強い弱いに関わらず、気の合う仲間と適量を楽しく飲むのが良いですよね!