ロータスクリニックからのお知らせ

<医療コラム> 高血圧と公衆衛生

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 高血圧と公衆衛生 *****

片 山 雅 之  医師

 

Covid-19のワクチン接種に伴い、血圧の事を気にする方が増えたのではないでしょうか。

今回は、高血圧と公衆衛生について少しお伝えできたらと思います。

 (figure1 参考文献※)

高血圧は、診察室血圧140/90mmHg以上もしくは、家庭血圧135/85mmHg以上を呈する場合診断されます。高血圧の有病率は30歳から10年ごとに約20%上昇していきます。脳心血管病リスクからも、数十年前に比べさらに積極的な治療介入が推奨されています。

 (figure2 参考文献※)

降圧目標としては、個々の持病によって目標値が異なるため今回は省かせてもらいます。

日常生活において推奨されている方法として、①食塩摂取量減少 ②野菜・果物摂取量増加(350g/日)③多量飲酒の減少④歩数約1500歩/日増加などが挙げられます。

塩分摂取量は、1950年代の平均摂取量は25gという報告があり、1990年代では12.3g、2016年の平均摂取量は9.9gまで低下してきており、減塩に対する意識が高まってきてはいますが、 世界保健機関(WTO) の塩分摂取量5g/日以下にはまだ遠いです。

では、ベトナムの場合はどうでしょうか。ベトナムの平均塩分摂取量は9.4gと日本と同等です。確かにベトナム料理は美味しいのですが、血圧を下げるためにはもう少し塩分の事を念頭に置く必要があります。

皆さん頑張ってフォーのスープなどを飲むのを控えてみるのはどうでしょうか。

※ 参考文献:高血圧治療ガイドライン 2019

 

<医療コラム> 『しっかり噛むこと』『口腔ケア』で免疫力低下予防!! 

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 『しっかり噛むこと』『口腔ケア』で免疫力低下予防!! *****

リッケンバッカー 和代  看護師

 

外出制限で不安な毎日を送っている方が多いと思います。

皆さんは免疫力を保つために食事、運動などに気をつけていらしゃるとは思います。
ウイルスは口や鼻の粘膜などから感染すると言われます。また新型コロナウイルスは感染力が強く、近い距離で話しているだけでも飛沫から感染する可能性があります。

徹底した手洗い、マスク着用、外出を控え、いわゆる「3密」を避けること、といった基本的な感染予防対策はぜひ続けてください。

それと同時に「お口の中を健康に保つこと」も、感染予防にとても大事なことなのです。

口の中の衛生状態が悪化すると、口腔内の細菌の数が増えてしまいます。そうすると免疫力が低下したり、細菌による炎症を併発し結果ウイルス性肺炎が重症化する傾向があります。

一人一人のホームケアがとても有効です。丁寧な歯みがきはもちろんですが、13回ブラッシング、舌苔除去(舌磨き)、11回歯周ポケットや歯肉溝をフロス、歯間ブラシなどでしっかりと清掃すること、さらに義歯もきれいに清掃することなど、基本的なケアの積み重ねがきわめて大事になります。また、ブラッシング時にデンタルリンスなどを併用することも効果的です。


コロナ対策としてお口を清潔に健康を保つこと。さらにもう一つ大切なのが、「咀嚼と栄養」です。実は 咀嚼機能は、全身を活性化させて免疫力を落とさないために、とても大事なのです。

咀嚼機能が低い状態が続くと、柔らかい食事が常態化しやすく、こうした状態は著しく免疫力の低下を招きやすくするといわれています。唾液には消化酵素だけでなく殺菌作用もあり噛めば噛むほど唾液はでます。噛むことによって病原菌が体内へ入るのを防ぐことができるのです。

さらに、よく噛むことによって耳下腺からバロチンというホルモンが分泌され、このホルモンは免疫力を高める効果があるといわれており、さらには老化を防ぐ働きもあるとされています。

少し違った視線からコロナ予防に働きかけてみませんか。

在ホーチミン日本国総領事館 海外安全情報

在ホーチミン日本国総領事館より海外安全対策情報が出ております。

毎月、邦人の被害が出ていますので、ご注意下さい。 

海外安全対策情報(ベトナム南部)

詳しくは、在ホーチミン日本国総領事館ホームページをご覧下さい海外安全対策情報(ベトナム南部)

海外安全対策情報(ベトナム南部)(令和3年度第1四半期(令和3年4月~令和3年6月))

***********************************************************************************************

日本人の被害(領事館に報告があり認知したもの)

今期における当館認知件数は合計7件であった。

手口としては、スリ2件、強盗2件(路上、昏睡)、住宅侵入窃盗1件、その他2件であった。

路上強盗は、深夜にバイクタクシーに声を掛けられて乗車したところ、路地に連れ込まれ、別のバイク2台に囲まれてバイクから引きずり下ろされ、現金等が入ったショルダーバッグの紐をナイフで切られて奪い取られ、その際に怪我を負った事案であった。

また、昏睡強盗は、出会い系サイトで知り合ったベトナム人女性を家に招き入れて一緒に食事をしたところ、急に眠気に襲われて意識を失い、意識が戻った時には女性は居なくなっており、現金等が入ったカバンが盗み出されていた事案であった。

そのほか、就寝中の深夜の時間帯にアパートの部屋の窓(無施錠)から泥棒に侵入され、パソコン等を盗み取られる住宅侵入窃盗事件も発生するなど、これまで当地で発生の多かったひったくりなどの路上犯罪に加えて、屋内犯罪の被害も発生していることには特に注意を要する。