ロータスクリニックからのお知らせ

健康診断ちゃんと受けていますか?

みなさん、健康診断を毎年ちゃんと受けていますか?

健康診断を受けていないからといって病気になるわけではありません。健康診断を受けたからといって病気にならないわけでもありません。

しかし、健康診断をすることによって、自分では気付いていない体の不調を探したり、病気の兆候を早期に発見することができます。自覚症状のない病気もたくさんあります。体調が悪くなってからでは手遅れになってしまう病気も中にはあります。

ベトナムで家族共々健康で健やかに過ごすために、しっかり体のチェックをしましょう!

 

医療コラム ダイエットで目標を達成できない場合の対処法

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 3大成人病(高血圧・糖尿病・脂質代謝異常)を指摘されダイエットに挑戦しているが、

                                                                                             目標を達成できない場合の対処法 *****

吉 田 周 平 医師

近年、年齢が上がるにつれ3大成人病に罹患する人・予備軍と指摘される人が増え続けております。ダイエットを今年の目標に掲げている方も非常に多いかと思います。

しかし、現時点で、なかなか目標を達成できていない。

何故でしょう?

まず手っ取り早く皆さんが始めるのが摂取カロリー制限ですね。最近ですと炭水化物ダイエットなどが流行かと思います。ところが、最初はりきって初めても次第に空腹感で継続が困難になり、一時の甘い誘惑(頑張っている自分へのご褒美)で高率にリバウンドするという結果に陥り、失敗に終わるという経験をされた人も多いのではないかと思います。

有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、水泳、スポーツなど)。これを併用することで消費カロリーを増やすことができ、このような失敗を阻止することが可能です。

脂肪燃焼させるために1日30分以上の有酸素運動を頑張りましょう!!…と。

ここまでは良く聞く話なので、既に実践済み、あるいはご存知の方も多いかと思います。

しかし、有酸素運動というものは、継続すればするほど体が運動に慣れてしまい、次第に省エネ体質(エネルギーを使用しなくても身体機能を維持できる体質)に変化してゆきます。

こうなると、カロリー制限かつ有酸素運動を行ってもダイエット効果は遅かれ早かれ停滞期を迎えてしまいます。

それでは、この停滞期を打破するにはどうしたらよいでしょう?

答えは「筋トレ」になります。

筋トレすると何故、停滞期を打破できるか?

これは、筋トレで筋肉量が増えると基礎代謝量(運動しない安静な状態で人体が1日に消費するカロリー)が増えるためです。つまり、体に筋肉量が多ければ多い程、運動しなくても筋肉が勝手にカロリー消費をしてくれることになります。ただ、筋肉量は加齢により1年に約1%ずつ減少してゆきます。基礎代謝も加齢により1年に約1%ずつ減少してゆくと考えられています。

加齢に逆らって、上手に筋肉量を維持または増量することで基礎代謝低下による肥満を防ぐことができます。しかも、引き締まった外見を手に入れることができます。

我々の強い味方“筋肉”。

それでは、どの筋肉を優先的に鍛えるべきか?

人体で最も筋肉量が多い身体の部位はどこでしょう?

最も多いのは、下半身(主にお尻と太)ももです。ここに全身の70%の筋肉が集中していると言われています。2番目が背中。3番目が胸です。腹や腕の筋肉は量が少ないため、頑張って筋肉量を増やしても基礎代謝量の劇的な上昇にはつながりません。

下半身を鍛えることがダイエット成功への近道。

というわけで、ダイエットに最も適した手軽な筋トレ種目はスクワットということになります。

筋トレで太ももが太くなるのが嫌なので実践するのは気が進まないという意見をよく耳にします。しかし、その考えは誤りです。高重量のバーベルやダンベルなどで大きな負荷をかけない限り、見た目でわかる程の筋肉の肥大は絶対起こりませんのでご安心下さい。自重や軽重量負荷によるスクワットの継続で、ヒップアップが起こり太ももだけでなく腹部(腹筋)も同時に引き締まり見た目が良くなります。脂肪が減って検査値が改善します。

ダイエットに「筋トレ」。健康維持増進だけでなく美容の観点からも絶大な効果が得られます。老若男女問わずお勧めできる一品です。

 

祝日に伴う休診のお知らせ

祝日に伴う休診の予定です。

ホーチミンクリニック、ハノイクリニックともに、

4/25(水)(フンブン王命日)

4月30日(月)、5月1日(火)(メーデー)

は休診とさせていただきます。

5月2日(水)より通常通り、診療致します。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

 

休診のお知らせ

1 2 3 4 5