ロータスクリニックからのお知らせ

インフルエンザ予防接種を開始しました

2019年のインフルエンザ予防接種

今年はワクチンの入荷が大変遅れておりましたインフルエンザ予防接種ですが、遂に開始しました!

大変お待たせしました。

 

詳しくはお問い合わせください。

ハノイクリニック   →☎(024)3817.0000 Mail:h-info@lotus-clinic.com

ホーチミンクリニック →☎(028)3827.0000 Mail:info@lotus-clinic.com

※ ハノイクリニックとホーチミンクリニックの電話番号の間違いが大変多くなっております。

電話番号を良くお確かめの上、お電話を頂きますようお願いします。

<医療コラム> 血圧のお話し

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 血圧のお話し *****

白 井 拓 史 医師

 

健康診断で血圧が高めと言われたことがある方、親の血圧が高かったりして日頃から血圧が気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、血圧のお話です。

よく血圧の話題で、「上の血圧が高い」、「下が高い」などという言い方をします。この上の血圧、下の血圧とは、何のことなのでしょうか。

心臓は、ポンプの働きをして、全身に血液を送っています。

心臓がギュッと縮んで血液を送り出した時には、血管が押し広げられて圧力が高くなります。この時の圧が上の血圧、つまり「最高血圧」です。「収縮期血圧」とも言います。心臓が次の拍動のために広がった時の圧が下の血圧、「最低血圧」です。心臓が拡張した時の血圧なので、「拡張期血圧」とも言います。

 

普段は血圧が高くないのに、病院で測ると血圧が高くなってしまう方がいます。これを「白衣高血圧」と呼びます。

自宅で自分で測ると正常の血圧ですが、病院に行って医師・看護師を前にすると緊張して自律神経の活動が活発になり血圧が上昇してしまうのです。白衣高血圧は、特に治療をする必要はありません。時々、血圧を測って様子をみていれば問題ありません。

ただし、普段の血圧が上昇してくるようであれば、医療機関で一度相談してみて下さい。

健康診断で「血圧が高めですね、注意して下さい」、「時々血圧をチェックして下さい」と言われたことがある方もいらっしゃると思います。

健康診断で血圧高めで要注意と指摘された方は、ぜひ血圧計を手元に置いて、時々測定してみて下さい。手首で測定する家庭用の血圧計は、値段もそれほど高額ではなく購入できます。日本のメーカーのものがベトナムでも購入可能です。

血圧を測ってみて、高い数字が続くようであれば、クリニックで相談してみて下さい。その時に、家で測定した血圧の結果を紙などに記録して持参して頂けると、血圧の変化や平均的な数字が分かって診療の助けになります。

今年はインフルエンザワクチンの入荷が遅れています

今年は、ベトナムのインフルエンザワクチンの入荷が遅れています。

 

例年ですと、インフルエンザワクチンは10月中旬から下旬にベトナムに輸入されて接種が始まります。

しかし、今年は、インフルエンザワクチンの入荷が例年よりも遅れおります。

 

大変ご迷惑をお掛けしておりますが、実際に開始しましたら、このホームページでお知らせ致します。

詳しくはお問い合わせください。

ハノイクリニック   →☎(024)3817.0000 Mail:h-info@lotus-clinic.com

ホーチミンクリニック →☎(028)3827.0000 Mail:info@lotus-clinic.com

 

※ お電話番号の間違いが増えております。市外局番など、よくご確認の上ご連絡ください。