ロータスクリニックからのお知らせ

【 注意喚起 】 ハノイで水ぼうそう(水痘)が流行っています

ハノイの日本人のお子さんの間で、水ぼうそう(水痘)が流行っています。ご注意ください。

水ぼうそうは、ウイルスに感染することによって起こる感染症で、正式な病名は「水痘(すいとう)」といいます。

小さな水ぶくれ状の発疹(水疱)が全身に出るのが特徴で、それが徐々に痂皮化といってかさぶたになります。
全部の水疱がかさぶたになったら、登園・登校可能となります。

うがいや手洗いなど、感染予防の基本をしっかりやりましょう。

 

水痘の予防接種に関するお問い合わせは、下記までメールでお願いします。

ハノイ  : h-info@lotus-clinic.com

ホーチミン:info@lotus-clinic.com

<医療コラム> ベトナムの夏

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** ベトナムの夏 *****

堤 久  医師

昨年のハノイの5-6月の気温を調べてみたら、最高気温が軒並み30℃を超え、6/2 41℃、6/3 42℃、6/3 41℃、6/4 40℃と40℃を超えた日もありました。今年はまだ40℃超えは記録されてませんが(6/7現在)初めてベトナムの夏を体験する私としては戦々恐々としてます。

そこでこの時期に気にしなければならないのがやはり熱中症です。

日本でも熱中症に関してかなり啓蒙されてますが今一度確認していきましょう。

 

 

熱中症とは?

通常、人間の体は体温を一定に保とうとします。しかし、水分不足で汗が出にくかったり、多湿で汗が蒸発しにくいと体内に熱がこもってしまいます。その結果による様々な症状が熱中症です。

ハノイの夏は気温が高く、多湿であるため熱中症になるリスクが高くなります。

さらに高齢者や幼児以下、下痢やデング熱などでの脱水症状がある方も熱中症のリスクが高まります。

症状として、気分不快、しびれやこむら返りなどの軽い症状から、頭痛、めまい、倦怠感、脱力感などの中等の症状。重症になれば生命の危険さえもあります。

対策として…屋内では扇風機、エアコンで温度を28℃以下に調整する。屋外では日傘、帽子の利用し、また、通気性、吸湿性、速乾性の良い衣服の着用が推奨されてます。

また、水分のこまめな摂取は必要ですがコーラや甘いジュースなどを過剰に摂取した場合血糖が高くなってしまう危険もあるので気を付けましょう。かといって水だけ大量に摂取すると塩分不足に陥る事があるので、塩分+水分を意識して摂取しましょう。

まあ、あまりにも暑ければ屋外を避け涼しい場所でカフェでもしましょう。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14