ロータスクリニックからのお知らせ

医療コラム 風邪の予防にうがい・手洗い

< LOTUS CLINIC 医療コラム >

***** 風邪の予防にうがい・手洗い *****

白 井 拓 史 医師

風邪を予防するために、うがい・手洗いはとても効果があります。うがい・手洗いの習慣をつけて、しっかり風邪やインフルエンザを予防しましょう。

うがいの効果
風邪やインフルエンザは、くしゃみや咳などで空中に飛び散ったウイルスを吸い込んで感染します。しかし、ウイルスを吸い込むとすぐに病気になってしまうという訳ではありません。ウイルスが体の中に入り込んでしまう前にうがいをして洗い流すことが重要なのです。
外から帰ったときは、まずうがいをして、のどの粘膜についたウイルスを洗い流しましょう。うがいはうがい薬を使わなくても効果があります。水でうがいをしたり、塩水や緑茶でも良いです。うがいによって、口の中がスッキリしてリフレッシュしたり、口臭を防いだり、虫歯や歯周病を防ぐ効果もあります。

手洗いの効果
また、風邪やインフルエンザなど、病気を引き起こす感染症の多くは、くしゃみや咳だけではなくて、“手”を介して体内に侵入することが多いと言われています。例えば、風邪やインフルエンザの流行期には、ドアノブなど、様々な場所にウイルスが付着しています。そういった場所を触った手で、自分の眼や鼻、口を触ったり、食事をしたりすることで、ウイルスが体内に侵入してくるのです。このような状況では、手にウイルスが付着することを未然に防ぐことは困難です。だから、様々な感染症から身を守るためには、手からの侵入を遮断する「手洗い」がとても大切になるのです。
手洗いは、帰宅時や食事前だけでなく、トイレのドアや会社の入り口、共有のパソコンなど、不特定多数の人が触るようなものに触れた後にも可能な限り行うことが大切です。

<効果的な手洗いの方法>